ご意見・お問合せ  
登録支援スタッフについて
  
   松村 亮吾 地域生活総合支援センター勤務

ふだんの仕事の内容を教えてください







居宅介護事業や移動支援事業を管轄するヘルパーステーション「ウイズ」という部門の担当として、主にヘルパー派遣やシフト調整、請求事務などに携わっています。
また派遣・調整業務だけでなく、外出支援や、ショートステイ室やグループホームでの勤務において、利用者さんへの直接的な支援もさせていただいています。
 この仕事(又はあかつき福祉会)を選んだのはなぜですか?
生まれた時から障害の有る家族と同居していることもあり、昔から障害者福祉に関心がありました。またそれに加え、自分の生まれ育った箕面市内で障害者福祉を実践したいという思いを抱いていたこともあり、あかつき福祉会を志望しました。
この仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?
利用者さんの様々なお気持ちを、深いところで共有させていただけたと感じる時です。
この仕事について今まででとても嬉しかった思い出はなんですか?
仕事がうまくいかずピリピリしていた時に、利用者さんが何気なく、でも最高の笑顔で話しかけてくださったことです。張りつめていたものがボロボロと崩れ落ちるような感覚で力が抜け、本当に救われました。
この仕事(又はあかつき福祉会)を目指す方へのメッセージ
この仕事をする上では、知識でも技術でもなく、何よりも気持ちが大切であると考えます。
イメージが先行しがちな業界であると思いますが、人と関わることが好きな方であれば、第一段階はクリアできたも同然です。
まだまだ発展途上ではありますが、箕面市内において、比較的大きな規模で事業を展開しているところだと思います。それだけに当然ながら、地域の方々からのご期待や当福祉会の担う責任も大きなものとなりますが、チャレンジのできる環境であると思います。
“障害が有っても自分らしく暮らすことができる社会”の実現に向けて、力を貸していただけませんか?

 

<サイトマップ>
Copyright© 2013 Akatsuki Welfare Association All Rights Reserved.